生命保険と掛け金の期間

これを読んでいるみなさんもいずれかの商品を選んで加入しているであろう「生命保険」そんな生命保険には様々なタイプの保証が付いた商品が多数存在しますが、保険期間からみれば大きく2種類に分けることができます。それは定期保険と終身保険です。これら保険は同じく「生命保険」という名前で呼ばれますが、その実質的な内容は大きく異なります。
まず定期保険は一定期間保障が受けられる「普通の保険」です。定期保険というのは、ある一定の期間の間に死亡した場合に保険金が支払われるタイプの保険です。例えば20歳のときに10年間の定期保険に加入し月々3,000円の保険料を支払う。その代わり30歳までに死亡すれば保険金2,000万円が遺族に支払われる。これが一般的な定期保険の仕組みです。
一方終身保険は死ぬまで引き出せないもので、期間を限ることなく定期的な保険料を払い続けるタイプの生命保険です。期間の制限がないので、加入者が死亡した場合には必ず保険金が支払われる保険をいいます。例えば20歳のときに終身保険に加入し20歳から60歳まで月々8,000円の保険料を支払うことになったとします。その代わり死亡すれば保険金500万円を得られることになっている、それが終身保険です。月額の負担は年齢が加齢するにつれて緩やかになってきますが、死亡時の保証などがその分抑えられているタイプの生命保険です。
どの保険がいい悪いとはなかなか甲乙つけがたいですけど、あなたの今後の人生に必要な費用を補うことを目的に生命保険の加入を検討しましょう。

注目コンテンツ!!

banner 生命保険と受け取る保証額

記事を見る

banner 生命保険と掛け金の期間

記事を見る

banner 生命保険を見直してライフプランを再構築

記事を見る

Copyright(c) あなたのライフプランは生命保険から考えよう. All Rights Reserved.