生命保険と保証内容

みなさんは様々な保険会社の生命保険に加入していると思いますが、それらの保険料はどのようになっていますか。もちろん入っている保証の内容によって月額保険料は異なると思いますが、どんな保険であっても共通することがいくつかあって、そのうちの1つは保険料が「掛け捨て」と呼ばれる仕組みになっていることです。基本的に保険の大半は掛け捨てになっています。
 中には、養老保険などのように保険料で支払ったお金が戻ってくる保険もあるじゃないかと言う方もいるでしょう。しかし養老保険の場合は、その保険料の大部分は積立金(=預金)に回っているので、けがや病気になったときにも保険はおりますけど、同時に老後に備えて貯金をしているという性質の保険になっているのです。つまり、養老保険などの様々な生命保険のうち、支払った保険金の大部分は満期を迎えたときに自分が受け取る満期返戻金として貯蓄しているようになっているのです。
 保険は何かあったときの保証、貯蓄は何がなくても必要な資産を作るために必要なこと、いずれの場合も家計を守るためには大事なのですが、生命保険はこれらの大事なことを一度にかなえてくれる金融商品の1つと考えても間違いはないのです。

注目コンテンツ!!

banner 生命保険と受け取る保証額

記事を見る

banner 生命保険と掛け金の期間

記事を見る

banner 生命保険を見直してライフプランを再構築

記事を見る

Copyright(c) あなたのライフプランは生命保険から考えよう. All Rights Reserved.